• 診療グループ紹介|血液腫瘍グループ
  • TOPページ

診療内容

当グループで扱う年間の新規入院患者数は、白血病10〜20例、悪性リンパ腫2〜4例、固形腫瘍5〜10例となっており、この患者数は日本の大学病院でも多い方に属しています。さらに、年間の造血幹細胞移植は約10例とぼぼ毎月移植を行っている状態です。当科では厚生労働省の研究班が主体となって実施する数多くの多施設共同研究が行われており、その治療内容は東京や大阪で行われているものと同じ内容です。

治療を行っている疾患は多岐にわたります。1)悪性血液疾患では急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、血球貪食症候群、非ホジキン悪性リンパ腫、ホジキン病、2)固形腫瘍では神経芽細胞腫、横紋筋肉腫、滑膜肉腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫、悪性奇形腫、肝臓癌、網膜芽細胞腫、ユーイング肉腫、ヒスチオサイトーシス、3)非悪性血液疾患では血球貪食症候群、自己免疫性溶血性貧血、再生不良性貧血、Chediak-Higashi症候群、 慢性活動性EBウイルス感染症、血友病A、B、特発性血小板減少性紫斑病、遺伝性球状赤血球症 Pyrvate kinase欠乏症、4)免疫不全症では自己免疫性好中球減少症、Bruton型無ガンマグロブリン血症、分類不能型低IgG血症、IgG2低下症、周期性好中球減少症、ADA欠損症、5)そのほかに膠原病では若年性関節炎、SLE、MCTD、ベーチェット病があります。

特殊な設備

無菌室 4床(新病院では20床の無菌病棟ができます)

取得可能な資格

  • 日本血液学会血液専門医
  • 日本小児血液・がん学会専門医
  • 日本造血細胞移植学会認定医

施設認定

  • 日本骨髄移植推進財団移植、採取認定施設
  • 日本臍帯血バンクネットワーク認定移植施設
  • 日本血液学会認定研修施設
  • 日本小児がん学会認定研修施設
  • 日本小児血液がん研究グループ認定治療施設

症例数(年間)

外来
白血病55例
悪性リンパ腫18例
固形腫瘍 49例
再生不良性貧血10例
血友病 16例
特発性若年性関節炎36例
SLE8例
入院
白血病 10〜20例(再発を含む)
悪性リンパ腫 2〜4例
固形腫瘍 5〜10例
再生不良性貧血 1〜3例
ヒスチオサイトーシス 2〜3例
免疫不全症 1〜3例
造血細胞移植 5〜10例

血液免疫外来

岩手医科大学火曜日、木曜日午後
岩手県立二戸病院 第1水曜午後(1,8月のみ)
岩手県立磐井病院 第4水曜午後
岩手県立大船渡病院 第3金曜午後(隔月)
岩手県立釜石病院 第3水曜午後(隔月)
岩手県立宮古病院 第1金曜午前
岩手県立久慈病院 第2金曜午後
八戸赤十字病院 第2水曜午後
北上済生会病院 第4金曜午後

スタッフ

遠藤 幹也 准教授 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医・指導医
日本小児血液・がん学会暫定指導医
日本造血細胞移植学会認定医
日本がん治療機構暫定教育医
平井 大士 特任講師 日本小児科学会専門医
三浦 翔子 任期付助教 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
朝倉 賀子 任期付助教 日本小児科学会専門医
林 祐子 岩手県立中部病院
非常勤講師
日本小児科学会専門医

研究内容

1)
難治性小児悪性血液疾患の造血細胞移植による治療研究
2)
好中球CD64抗原の診断応用に関する研究
3)
小児患者の至適末梢血幹細胞採取法に関する研究
4)
乳児血管腫に対するプロプラノロールの治療研究
5)
早期産児のTreg細胞に関する研究
6)
白血病細胞の樹立研究

現在進行中の多施設共同研究

  • 小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第II相および第III相臨床試験
  • 小児ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)に対するリスク別臨床研究
  • ダウン症候群に発症した小児急性骨髄性白血病の微小残存病変検索の実施可能性と
    その有用性を探索するパイロット試験
  • 小児および若年成人におけるT細胞性急性リンパ性白血病に対する
    多施設共同第II相臨床試験
  • 若年性骨髄単球性白血病(JMML)に対する静注用Bu + Flu + L-PAM前処置法による
    同種造血幹細胞移植第II相臨床試験