診療内容

小児腎泌尿器疾患の高度医療施設として,急性腎障害,慢性腎臓病(慢性腎炎,ネフローゼ症候群,慢性腎不全等),腎尿路疾患(水腎症,膀胱尿管逆流症,神経因性膀胱等)の診断・治療をしています。

当グループの特色は下記の3つです。

1)腎代替療法(renal replacement therapy:RRT)を用いた急性腎障害の管理。
新生児・血液腫瘍・循環器・神経・内分泌代謝・消化器・腎などの原疾患に付随して起きる急性腎障害に対し,各種RRTを用いて管理しています。加えて,血漿交換・エンドトキシン吸着などの血液浄化療法も新生児から年長児までの幅広い年齢層で施行しています。
2)尿流動態検査(urodynamic study)を用いた腎尿路疾患管理。
腎尿路疾患では,各種画像評価(超音波検査,核医学検査,排尿時膀胱尿道造影検査,MRI検査等)に加え,尿流動態検査を行っています。腎尿路疾患を膀胱機能の視点からも評価し,管理・治療を行っています。
3)慢性腎不全の維持透析(腹膜透析,血液透析)と移植後管理。
小児外科・泌尿器科の先生と連携して,様々な基礎疾患をもつ小児慢性腎不全患者さんの透析導入・管理,腎移植後の管理を行っています。

取得可能な資格

  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本急性血液浄化学会認定指導医

症例数(年間)

急性血液浄化療法 10〜15例
慢性腹膜透析管理 5例
腎生検10〜20例

スタッフ

石川 健 講師 日本小児科学会専門医
日本腎臓学会指導医
日本急性血液浄化学会暫定指導医
古川 ひろみ 助教 日本小児科学会専門医
佐々木 慎 岩手県立釜石病院 日本小児科学会専門医
小野寺 千夏 岩手県立療育センター 日本小児科学会専門医
西見 早映子 専門研修医 日本小児科学会専門医

研究内容

1)
急性血液浄化療法の安全性の確立と機器の開発
2)
排尿機能障害の病態・治療の研究
3)
急性腎障害の予測バイオマーカーの研究

留学先

1)
メルボルン大学ハワード・フローリー研究所
2)
オーストラリア、オースチン病院集中治療部
3)
新潟大学大学院医歯学総合研究科附属腎研究施設 分子病態学分野
4)
東京都立小児総合医療センター泌尿器科
5)
自治医科大学とちぎ子ども医療センター泌尿器科