• 診療グループ紹介|神経グループ
  • TOPページ

診療内容

神経グループでは、脳症や脳炎、髄膜炎といった急性疾患から、てんかんや発達遅滞、代謝性疾患、神経変性疾患、筋疾患、脳性麻痺、発達障害などの慢性疾患まで幅広く診療しています。岩手県内や隣県からたくさんの患者さんが受診され、地域の先生方と協力しながら診療を行っています。

取得可能な資格

  • 日本小児神経学会小児神経専門医

症例数(年間)

外来
てんかん患者 100〜150例
筋疾患 10〜20例
代謝異常症 5〜10例
頭部外傷 10〜20例
発達遅滞 10〜20例
発達神経症 10〜20例
入院
急性脳症・脳炎 5〜10例
点頭てんかん 2〜5例
長時間脳波検査 20〜30例
けいれん重積 20〜30例
被虐待児症候群(疑い含む) 5〜10例

スタッフ

赤坂真奈美 主任教授 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会小児神経専門医
日本小児科学会男女参画推進委員
災害時小児呼吸器地域ネットワーク県代表
亀井 淳 特命教授 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会小児神経専門医・指導医
日本てんかん学会専門医・指導医
水間加奈子 任期付助教 日本小児科学会専門医・指導医
谷藤 幸子 任期付助教 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会小児神経専門医
浅見 麻耶 特命助教 日本小児科学会専門医・指導医
伊藤 潤 研究員 日本小児科学会会員

研究内容

研究テーマ
1)
赤坂真奈美:磁気共鳴分光法を用いた脳内代謝物質による新生児仮死の高精度予後予測法の確立:科学研修費助成事業 基盤研究(C) (2018-2020)
2)
伊藤 潤,亀井 淳:超高磁場磁気共鳴画像を用いた小児てんかんの病態解析:診断・治療バイオマーカーの確立
3)
水間加奈子,赤坂真奈美:磁気共鳴分光法を用いた脳内代謝物質による早産児の予後予測法の確立
4)
谷藤幸子,赤坂真奈美:新生児集中治療室(NICU)退院児の早産児発達神経症を含めた長期予後に関する研究
5)
浅見麻耶,亀井 淳:いわて医療的ケア支援ガイドブック作成における調査研究

研究実績

論文(英文)
1)
Akasaka M, Kamei A, Tanifuji S, Asami M, Ito J, Mizuma K, Oyama K, Tokutomi T, Yamamoto K, Fukushima A, Takenouchi T, Uehara T, Suzuki H, Kosaki K. GNAO1 mutation-related severe involuntary movements treated with gabapentin. Brain Dev 2021; 43(4):576-579.
2)
Akasaka M, Kamei A, Ito J, Oyama K. Turner syndrome associated with refractory seizures and intellectual aisability: a case study. Cureus 2020;12:e11364. doi:10.7759/cureus.11364
3)
Akasaka M, Kamei A, Araya N, Oyama K, Sasaki M: Characteristic findings of proton magnetic resonance spectroscopy in patients with GLUT1 DS. Pediatr Int 60: 978-979. 2018.
4)
Akasaka M, Kamei A, Araya N, Asami M, Tanifuji S, Oyama K.Evaluation of self-esteem in school-age children with cerebral palsy and the difference in brain metabolites assessed using magnetic resonance spectroscopy in preterm infants. Folia Palliatrica 2018:24-32.
5)
Kamei A, Akasaka M, Araya N, Ishikawa K, Takada A, Furukawa H, Tanifuji S, Asami M, Nasu Y, Oyama K, Chida S: Successful management of fulminant Guillan-Barre syndrome and its complications. Pediatr Emerg Care 34: e87-89. 2018.
6)
Kamei A, Akasaka M, Araya N, Ishikawa K, Takada A, Furukawa H, Tanifuji S, Asami M, Nasu Y, Oyama K, Chida S. Successful management of fulminant Guillan-Barre syndrome and its complications. Pediatr Emerg Care 2018;34:e87-9.
7)
Asami M, Kamei A, Nakakarumai M, Shirasawa S, Akasaka M, Araya N, Tanifuji S, Chida S : Intellecrual outcomes of extremely preterm infants at schoolage. Pediatr Int 9: 570-577. 2017.
8)
Tanifuji S, Akasaka M, Kamei A, Araya N, Asami M, Matsumoto A, Sotodate G, Konishi Y, Shirasawa S, Toya Y, Kusano S, Chida S, Sasaki M, Matsuda T. Temporal brain metabolite changes in preterm infants with normal development. Brain Dev 39:196-202.2017.
9)
Akasaka M, Kamei A, Araya N, Matsumoto A, Konishi Y, Sotodate G, Shirasawa S, Toya Y, Kasai T, Chida S, Sasaki M. Assessing temporal brain metabolite changes in preterm infants using multivoxel magnetic resonance spectroscopy. Magn Reson Med Sci 2016;15: 187-92.
10)
Kamei A, Araya N, Akasaka M, Mizuma K, Asami M, Tanifuji S, Chida S. Hypofibrinogenemia caused by adrenocorticotropic hormone for infantile spasms: a case report. Brain Dev 2015;37:137-9.
論文(和文)
1)
吉田太郎,亀井 淳,高橋幸利,赤坂真奈美,荒谷菜海,浅見麻耶,谷藤幸子,草野修司,小山耕太郎:インフルエンザ感染後に辺縁系症状を繰り返した自己免疫性脳炎.日児誌.123:1654-1659.2019.
2)
高橋吾朗,赤坂真奈美,荒谷菜海,亀井 淳,小山耕太郎:フェニトインによる薬剤性胸膜炎を発症した伊藤白斑による片側巨脳症児.小児内科.51:1706-1709.2019.
3)
亀井 淳,赤坂真奈美,荒谷菜海,草野修司,浅見麻耶,谷藤幸子,白倉正博,伊藤 潤,小山耕太郎.二次性カルニチン欠乏症に対する速やかなレボカルニチン静注の重要性について.日小児救急医会誌.17:539-543.2018.

入局をお考えの先生へ

当院は県内で唯一、小児神経専門医を取得可能な施設です。岩手県内で専門的な診療を要する患者さんの多くが当院を受診されますので、偏りなく様々な疾患の経験を積むことができます。需要が非常に高い分野でやりがいもありますので、興味を持たれた先生はぜひ一度お問合せください。