• 診療グループ紹介|栄養消化器グループ
  • TOPページ

診療内容

小児の栄養障害と消化器疾患、食物アレルギーを中心に診療を行っています。小児消化器疾患は外科疾患を多く含むため、小児外科と連携し、診断・治療、フォローアップをしています。また、毎月1回「消化器カンファランス」を開催し、施設を越えた小児科医・小児外科医が集まって、症例検討や勉強会を行っています。

診療する主な疾患は以下の通りです。1)嚥下障害・胃食道逆流症:哺乳・摂食障害のある乳児や重症心身障がい児に対して、嚥下透視や上部消化管造影、食道内24時間pHモニターなどで原因を検索し、適切な治療に結びつけます。2)慢性機能性便秘症:器質的疾患を除外し、ガイドラインに沿った適正な患者教育と治療を行います。3)炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎とクローン病は年々増加傾向にあり、低年齢化しています。内視鏡で診断し、成長障害や患者のQOLを考慮した治療を選択していきます。4)肝疾患:新生児・乳児期の胆汁うっ滞についてエコー検査や肝生検で診断し、治療に結びつけます。5)食物アレルギー:主に外来でプリックテストや食物負荷試験を行い必要最小限の食物制限を目指します。その他、Wilson病など肝障害をきたす先天性代謝性疾患、B型およびC型肝炎ウイルス感染の治療と予防、肝外門脈閉塞症など稀な疾患の診療も行っています。

症例数(年間)

入院数70〜80例
造影検査70〜80例
24時間pHモニター10〜15例
内視鏡検査小児:15〜20例
成人:150例以上(別施設)
食物負荷試験120〜150例

スタッフ

塩畑 健 任期付助教 日本小児科学会専門医
小田 翔一 国保西根病院 日本小児科学会専門医
田金 星都 北上済生会病院  
佐々木美香 もりおかこども病院 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児栄養消化器肝臓学会認定医
佐々木朋子 もりおかこども病院 日本小児科学会専門医
浮津 真弓 北上済生会病院 日本小児科学会専門医
塚原 央之 JA秋田厚生連 かづの厚生病院 日本小児科学会専門医

研究内容

1)
早産児の便バイオマーカーの研究
2)
新生児乳児消化管アレルギーの診断に対する尿中EDNの有用性について
3)
新生児の肝臓real-time tissue elastographyの確立