幅広い小児科学の領域に対応

当院には小児科の専門医療施設として総合周産期母子医療センター新生児集中治療室、小児病棟、循環器医療センター、高度救急救命センター、予防接種センター、および小児用無菌室が併設されています。また、幅広い小児科学の領域に万遍なく対応できるよう専門グループが整備されています。当小児科はプライマリケアから高度医療までの機能を担っているため、年齢・疾患領域に偏りがない専門研修を提供できる特徴があります。

小児科の初期必修研修は原則として協力病院で行い、初期選択研修は当院で行っています。協力病院は地域医療圏の中核病院であり、当院とは専門診療の支援と医療情報ネットワークとで交流をはかっています。協力病院では当小児科の専門研修を修了した小児科専門医のもとで、プライマリケアに重点をおいた研修が可能です。


当院初期研修プログラムには下記の3コースがあります。

岩手医科大学附属病院卒後臨床研修

  • @基本プログラム 定員…10名(予定)
  • A沿岸地域病院連携プログラム 定員…3名(予定)
  • B産婦人科・小児科・周産期プログラム 定員…4名(予定)

>>>初期臨床研修の詳細についてはこちら

基本プログラム 定員10名(予定)

区分 期間 研修内容
必修科目 内科 6か月

内科(6か月)

  • @いずれか2週間は午後に放射線科と臨床検査科で研修。
  • A3科以上選択すること。
  • B内科は、消化器・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、
    循環器・腎・内分泌内科、呼吸器・アレルギー・膠原病内科、
    血液・腫瘍内科、神経内科・老年科、
    花巻温泉病院より選択。

なお、どの科で研修するかは希望による。

救急部門 3か月

救急科(2か月)

一次・二次救急(24回で1か月分とする)

地域医療 1か月

地域医療(研修2年目に実施)

選択必修科目 3か月

外科、麻酔科、精神科、産婦人科、小児科より2科目以上選択する。

基礎研修
(1年次4月)
1か月

原則として内科で基礎研修を行うことが望ましい。

選択科目 11か月
  • @1か月単位での研修も可。必修科目及び選択必修科目に続けて研修することも可。
  • A到達目標達成度は随時確認し、未達成分が出る可能性がある場合は、選択科目期間を到達目標達成に必要な診療科の研修にあてることがある。

基本プログラムローテート例

  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 基礎
研修
内科 救急科 内科 選択必修科目
2年次 地域
医療
特別選択科目(11か月)

プログラムに関わる補足事項

  • @必修科目の内科6か月は一般内科と位置づける。
  • A選択必修科目は2科目以上の選択とするが、到達目標が達成できるような選択を指導する。各科目の研修期間は1か月単位とする。
  • B内科、救急部門、選択必修科目は院内研修を原則とする。ただし、希望診療科の偏り等により院外研修になりうることがある。
  • C院内研修は、地域医療だけでなく選択科目等でも可能。院外研修可能な協力病院・協力施設は県内外40ある。ただし、受け入れ病院・施設の状況により、希望どおりにならないこともある。
  • D外科希望者は、選択科目11か月全てを院外研修することも可能である。詳細については外科の指導医と相談すること。

沿岸地域病院連携プログラム 定員3名(予定)

区分 期間 研修内容
必修科目 内科 6か月

内科(6か月)

  • @いずれか2週間は午後に放射線科と臨床検査科で研修。
  • A3科以上選択すること。
  • B内科は、消化管内科・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、
    循環器内科、心血管・腎・内分泌内科、
    呼吸器・アレルギー・膠原病内科、血液・腫瘍内科、
    神経内科・老年科、花巻温泉病院より選択。

なお、どの科で研修するかは希望による。

救急部門 3か月

救急科(2か月)

一次・二次救急(24回で1か月分とする)

地域医療 1か月

地域医療(研修2年目に実施)

選択必修科目 3か月

外科、麻酔科、精神科、産婦人科、小児科より2科目以上選択する。

基礎研修
(1年次4月)
1か月

原則として内科で基礎研修を行うことが望ましい。

選択科目 9か月
  • @沿岸地域協力病院は4病院(県立久慈病院、県立宮古病院、県立大船渡病院)に限る。
  • A原則として、1病院連続して3か月以上研修すること。
  • B9か月間同一病院で研修することも可能。
2か月
  • @1か月単位での研修も可。必修科目及び選択必修科目に続けて研修することも可。
  • A到達目標達成度は随時確認し、未達成分が出る可能性がある場合は、選択科目期間を到達目標達成に必要な診療科の研修にあてることがある。

沿岸地域病院連携プログラムローテート例

  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 基礎
研修
内科 救急科 内科 選択必修科目
2年次 地域
医療
選択科目
(沿岸地域協力病院 9か月)
選択科目
(2か月)

プログラムに関わる補足事項

  • @必修科目の内科6か月は一般内科と位置づける。
  • A選択必修科目は2科目以上の選択とするが、到達目標が達成できるような選択を指導する。各科目の研修期間は1か月単位とする。
  • B内科、救急部門、選択必修科目は院内研修を原則とする。ただし、希望診療科の偏り等により院外研修になりうることがある。
  • C院外研修は、地域医療だけでなく選択科目等でも可能。院外研修可能な協力病院・協力施設は県内外40ある。ただし、受け入れ病院・施設の状況により、希望どおりにならないこともある。

産婦人科・小児科・周産期プログラム 定員4名(予定)

区分 期間 研修内容
必修科目 内科 6か月

内科(6か月)

  • @いずれか2週間は午後に放射線科と臨床検査科で研修。
  • A3科以上選択すること。
  • B内科は、消化管内科・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、
    循環器内科、心血管・腎・内分泌内科、
    呼吸器・アレルギー・膠原病内科、血液・腫瘍内科、
    神経内科・老年科、花巻温泉病院より選択。

なお、どの科で研修するかは希望による。

救急部門 3か月

救急科(2か月)

一次・二次救急(24回で1か月分とする)

地域医療 1か月

地域医療(研修2年目に実施)

選択必修科目 3か月

外科、麻酔科、精神神経科、産婦人科、小児科より2科目以上選択する。

基礎研修
(1年次4月)
1か月

原則として内科で基礎研修を行うことが望ましい。

特別選択科目
(産婦人科、小児科)
6か月
  • @選択必修科目の産婦人科、小児科に続けて研修することも可。
  • A特別選択科目は、産婦人科、小児科より選択。
  • B産婦人科希望者は、MFICUで最低1か月は研修すること。また、小児科希望者は、NICUで最低1か月は研修すること。
選択科目 5か月
  • @1か月単位での研修も可。必修科目及び選択必修科目に続けて研修することも可。
  • A到達目標達成度は随時確認し、未達成分が出る可能性がある場合は、選択科目期間を到達目標達成に必要な診療科の研修にあてることがある。

産婦人科・小児科・周産期プログラムローテート例

  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 基礎
研修
内科 救急科 内科 選択必修科目
2年次 地域
医療
特別選択科目(6か月) 選択科目(5か月)

プログラムに関わる補足事項

  • @必修科目の内科6か月は一般内科と位置づける。
  • A選択必修科目は2科目以上の選択とするが、到達目標が達成できるような選択を指導する。各科目の研修期間は1か月単位とする。
  • B内科、救急部門、選択必修科目は院内研修を原則とする。ただし、希望診療科の偏り等により院外研修になりうることがある。
  • C院外研修は、地域医療だけでなく選択科目等でも可能。院外研修可能な協力病院・協力施設は県内外40ある。ただし、受け入れ病院・施設の状況により、希望どおりにならないこともある。

目標と特徴

小児診療に必要な知識と基本手技を習得する。日本小児科学会専門医の取得のため各診療グループで症例を経験する。関連病院の研修を通してプライマリケアや小児保健分野を経験する。

>>>専門研修の詳細についてはこちら

総合目標

Subspecialty(新生児、循環器、血液腫瘍、腎、神経、消化器・アレルギー、内分泌)の基本的知識、および手技を習得する。

予定スケジュール

  • モーニングカンファランス(毎日):受持症例の場合はプレゼンテーションを行う。
  • 抄読会(週1回):発表は3か月に1回程度。
  • セミナー、招待講演:2か月に1回程度。
  • レクチャー:疾患別に各グループで学生に対して行う。
  • 学会参加:希望するもの。

研修評価

研修医は自己評価表(チェックリスト)で自己評価を行い、研修達成程度を明らかにする。各指導医はその自己評価結果を随時点検し、研修医の目標達成を援助する。

担当症例は症例要約を記載し、指導責任者に提出する。さらに、研究会、学会発表、論文作成などを行った場合は、これらを総合的に評価する。

研修内容・方法

病棟の診療グループ毎に1名の研修医が配属される。患者の受持医となって診療の実際にたずさわることにより、診療に対するあらゆるレベルでの指導を受ける。受持症例に対しては検査のオーダー、検査結果のチェック、回診ではプレゼンテーションを行う。基本は全グループのローテート研修を目標とする。県内外の関連病院で院外研修を行い、多くの症例を経験することが可能である。

スケジュール概要(専門医になるための必要経験年数、専門医試験等)

  • @卒後臨床研修(2年)+日本小児科学会指定研修施設での小児科研修(3年)
  • A日本小児科学会会員歴が引き続き3年以上、もしくは通算して5年以上であるもの。
  • B専門医試験は、(1)症例要約30例の評価、(2)面接諮問、および(3)筆記試験からなる。
  • C資格は5年ごとに審査のうえ更新される。

>>>専門医試験の詳細についてはこちら

修練概要

症例数

専門医試験における症例要約は、小児科学一般にわたる疾患を、大きな偏りなく受持って診療に従事したか否かを評価するのが目的である。

以下に挙げる10の疾患分野群別に、少なくとも2症例を含むことが必要である。

  • @遺伝疾患、染色体異常、先天奇形
  • A栄養障害、代謝性疾患、消化器疾患
  • B先天代謝異常、内分泌疾患
  • C免疫異常、膠原病、リウマチ性疾患、感染症
  • D新生児疾患
  • E呼吸器疾患、アレルギー疾患
  • F循環器疾患
  • G血液疾患、腫瘍性疾患
  • H腎・泌尿器疾患、生殖器疾患
  • I神経、筋疾患、精神疾患(精神・行動異常)、心身症
業績

特に規定はない。

関連研修科に関する情報

後期研修中の他科ローテーションは可能です。

ライフプラン

ケース1 ケース2 ケース3
初期研修
+
大学院(計4年)で
医学博士取得
初期研修(2年間) 初期研修(2年間)
↓ ↓
専門研修(3年間)
↓ ↓
助教または
関連病院勤務
大学院(4年間)
計6年で医学博士取得
助教として大学および関連病院勤務
(6年目以降医学博士取得)
↓
日本小児科学会専門医試験
↓
大学助教
(国内外留学も行っています)
関連病院常勤医
↓
大学スタッフまたは関連病院科長・部長など

詳細はお問い合わせください。

>>> お問合せフォームへ